So-net無料ブログ作成
検索選択

玉澤総本店[2013]上杉本店・店舗(仙台) [和菓子店]

杜の菓匠
玉澤総本店・上杉本店仙台

2011年の震災はなんとか乗り越えたものの...

店舗の老朽化と、本社・工場生産能力のアップを目指し、以前から計画していた

上杉本社新築工事も、来年3月のグランドオープンにむけ、工場・新棟が完成し、

年内に新しい店舗での仮オープンを迎える運びとなり、

12月4日、無事、新装開店いたしました。

 

2014年3月のグランドオープンまでには、

旧店舗を解体し、駐車スペースや屋外の環境整備など、まだ少し時間がかかりますが、

本店ならではの作り立ての新商品もなんとかオープンに間に合いましたので

お近くの方は是非,ご来店くださいませ。


case_2.jpg

case_3.jpg

case_6.jpg

kamisugikobo_rogo.jpg

backen.jpg

naguri.jpg
工房のお菓子のカウンターは、手づくりの素材感を伝えたいと思い
職人さんの手仕事から生まれる表面仕上「なぐり加工」を施してあります。

本来、大工さんが釿(ちょうな)で削るこの加工は
木材の下処理に使われる加工でしたが、千利休が茶室の仕上としてありのままの姿を残した事で
現在でも数寄屋建築や茶室で使われる加工となっているそうです。

kamisugikobo_bk_rogo.jpg

今回の上杉本店の特徴は、玉澤総本店の新しいブランドとして、

上杉工房という出来立てお菓子の実演厨房のある工房を新たにもうけました。


オーブンで焼きたてのパイやカステラ、プリンなどを温かいうちにお届けします。

定番の和菓子のラインナップとは違う『おやつ菓子』をご家庭でもお楽しみいただけます。

(新商品のお菓子についてはまた後日紹介させて頂きます。)


shifon.jpg

本店には他店のようなカフェスペースはありませんが、
この上杉工房で作る
作り立てのお菓子を店内のラウンジで頂くことが出来ます。


raunge.jpg

exteria.jpg

来年の青葉の季節には外装も整うと思いますので、
屋外のお席で出来立てのお菓子なんていかがでしょうか?


washi_art2.jpg

店舗の正面から入ると気がつかないかもしれませんが、
駐車スペース側からの入口からは吹抜けスペースが広がります。

そこには、季節ごとのお菓子に思いを込めた和紙の作品と
自然光と和紙の照明が、店内にやわらかな光を注いでいます。

工芸和紙は工房まで行って、
直接色出しから筆入れまで、立ち合いをさせていただきました。
パネルも丁寧に仕上げて頂き、ありがとうございました。

fukinuke.jpg


 

 

仙台の玉澤総本店様とは一番町の内装の仕事をきっかけに10年以上のおつきあいになりました。

商品企画・パッケージ・店舗デザインなど、『トータルブランディング』の視点で、

企画段階から深く携わらせて頂いております。

昔ながらの和菓子だけでなく新しい分野へのチャレンジも積極的に導入されています。


我々インターグラフのスタッフも毎回頂く課題以上の物をお返し出来るように

これからも精進してまいりたいと思います。





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。